小雪:虹蔵不見(にじかくれてみえず)

季節の薬膳

寒くなって雨が雪になる季節となりました。

「季節の薬膳」コーナーでは、季節に合わせた薬膳を実践するために役立つ情報をお伝えしていきます。「小雪」では、冬の主気である「寒」を意識した食養生をご紹介します。

冬は、寒の季節

中医学では、万事が陰陽のバランスで成り立っています。
冬は陰気が最も強く、一年中で一番寒い季節です。自然界では草木が枯れ、動物も冬眠します。
私たちも、身体を休ませて養生を心がける季節です。

五行学説によると、秋の特徴は「寒」です。
寒は、収斂し凝滞する性質を持っています。寒さにより、ぎゅっと縮こまるイメージです。

寒邪(かんじゃ)に注意

自然界の季節の変化や異常気象は、私たちにとって病気の原因になり得ます。冬の主気である寒気が病邪(病気の原因)となると、寒邪かんじゃとなります。

寒邪は陰邪です。寒邪が侵入すると、陽気を損ない身体が冷えます。冷えに伴って、腹痛や下痢などをきたすこともあります。

冬の食養生①:寒邪(かんじゃ)を温めて取り除く

冬の食養生のポイントとして、「体を温める」ことが挙げられます。
冷えると強くなる痛みや冷え症は、寒邪によると考えられます。体をしっかり温めるようにしましょう。腎陽が足りないと寒邪が入りやすくなります。腎陽も温補するように心がけます。

身体を中から温める温裏類、腎陽を温補する助陽類を用いましょう。

おススメ食材(温裏類、助陽類)

  • 羊肉、えび、鮭、あじ
  • にら、ピーマン
  • くるみ、山椒、黒砂糖、唐辛子

山椒や唐辛子、胡椒などの調味料は、温裏類です。食べると辛いだけではなく、汗をかいたりしますよね。調味料を調整することで、身体を温めるパワーをアップさせましょう。

次の「大雪」では、冬に機能が盛んになる「腎」についてお伝えします。

参考文献

  • 実用中医薬膳学:辰巳洋著(東洋学術出版社)
  • 基礎中医学:神戸中医学研究会編著(燎原)
  • 早わかり薬膳素材:辰巳洋著(源草社)
  • 食薬方剤学:本草薬膳学院
  • 四群点数法で簡単カロリー計算!:https://4fgmethod.jp/weight/
タイトルとURLをコピーしました