立春:東風解凍(はるかぜこおりをとく)

季節の薬膳

春の気配が感じられる季節となりました。寒さの峠はもう超えたでしょうか。

春は、風の季節

中医学では、万事が陰陽のバランスで成り立っています。
春は、陰気が強かった冬が終わり、陽気がしだいに強くなる季節です。植物の芽が出て、動物が動き出し、私たちも外に出かけたくなる季節。
スタートにふさわしい季節です。ふだんの暮らしに薬膳を取り入れ始めるのも、今がおススメかもしれません。

五行学説によると、春の特徴は「風」です。暖かい東風は、作物を生長させる力があります。
その力を全身に取り入れるために、朝早く起き、ゆったりと過ごすようにしましょう。

風邪(ふうじゃ)に注意

自然界の季節の変化や異常気象は、私たちにとって病気の原因になり得ます。春の主気である風気ふうきが病邪(病気の原因)となると、風邪ふうじゃとなります。

風邪は、軽くて上に向かう特性を持っています。また、体の上部や表面を犯すことが多く、汗や寒気、頭痛や鼻閉などの症状をもたらします。

風の特徴を備えているので、症状の変化が速いのも特徴です。また、めまいやけいれんなどの動揺を伴う症状が現れやすくなります。

風邪は百病の長とも言われ、他の外邪(熱・寒・湿・燥など)と共に入ってくることが少なくありません。実は、春だけではなく、一年を通して注意しなくてはいけない病邪でもあるのです。

春の食養生①:風邪(ふうじゃ)を取りこまない

春の食養生のポイントとして、「風邪を取りこまない体づくり」があります。
春に多い花粉症も、風邪によると考えられます。花粉症対策としてもおススメの食養生になります。

風邪は体表から入り込むので、解表類を用いて邪気を追い払いましょう。
解表類には、辛温解表類と辛涼解表類の2種類があります。早春の間は、まだ寒いので体を温めながら邪気を追い払うはたらきのある、辛温解表類を取り入れるようにします。

おススメ食材(いずれも辛温解表類)

  • しょうが、ねぎ
  • 三つ葉、紫蘇
  • みょうが

ご紹介した食材は、薬味やお刺身のツマとしてよく用いられていますよね。辛温解表類の持つ解毒作用を期待して添えられていたのでしょう。
寒い日には、薬味たっぷりの温かいお鍋や汁物をいただきましょう。

タイトルとURLをコピーしました